2012年3月22日木曜日

塩麹漬けの旨み。


お久しぶりです。すっかりご無沙汰してますが、元気にやっております。ハンドルネームがきみしょーへマイナーチェンジしてますが、お気づき?割とそんなどうでもいい事を楽しむ日々を送っています。

最近はわりかし健康に気を遣うふりをするのが得意でして、ジョギングのまねごとしたり、ボルダリングやってみたり、発酵食品を食べてみたり。
今日の記事はそのあたりでいうと発酵食品のお話。巷で話題の塩麹ってやつを使ったお料理です。

と、気張ってみるようなことでもないというのが本音なのですが。
  1. 市販の塩麹を買ってくる
  2. ビニール袋に材料といっしょにいれて1~2晩寝かせる
  3. 調理して食べる
こんだけ。こんだけなのですがね、これがね。びっくりするぐらい美味いんです。
写真は豚肩ロースを二晩ほど漬け込んで、フライパンで焼いたモノ。
なんだか随分柔らかくかもされたお肉の食感、ふわっとした塩気、味噌漬けのような風味。実にそこはかとなく、しかし確実に美味い。びっくりですよ、塩麹。


こちらのようにキュウリを一本漬けにしておいてやるとお新香としても美味い。


先ほどの塩麹漬けの豚肩ロースをトルティーヤに挟んでもナイス。


これは鶏ももを同じように塩麹漬けにしてから焼いたモノ。やっぱり柔らかジューシー。


さらにアレンジ。塩麹漬け鶏もものテリヤキ。風味はとんでしまうけど、とても柔らかい甘辛鶏はとても魅力です。

「どうせやるなら塩麹造りから!」なんてハードルを上げすぎず、とりあえず市販品の塩麹でやってみるのをオススメしますよ。びっくりするほど簡単で美味しいですから。

ビニール袋で材料をモミモミ。しばらく寝かせてできあがり。ね、簡単でしょ?

いろんなメーカーが塩麹出してますが、宇都宮だったら青源の塩麹だれ。お手軽でイイですよ。お値段もそれほど張らないし。1本300円弱で1kgほどの鶏ももを漬けられました。オススメ。

0 コメント: